2016.01.26

ペリーヌ物語見て泣くジィが迎えた68歳のお誕生日

今月入って見つけた新食材、菊芋を喜んで続けていたけど、売ってたスーパーから消えました(;´д`)

ということで菊芋パウダーを使ったものが食卓に並んだ1週間です(*^_^*)



アボカドもゴマ油やオリゴ糖使って病みつき味に。。。
でもこれ恐ろしく色が悪なるのが悲しい。。。

寒い~と初凍えした日はかす汁。

そんでやっぱり卵使いたい~って日は相変わらず納豆オムレツがベースになるのか。。。

今週は鳥の胸肉が安かったのか。。。
と写真見てわかる。
記録すると作り癖がわかっていいなぁ。

20160125185357ea3.jpg

ずーっと小鉢探してて、うちは和食中心だから思いっきり渋い感じの器を
探してたんだけど、ダイソーで一目惚れした器を4つ購入。

この水色に目がないんです。
大好きな色にテンション上がった割には初料理は何コレ?

やっぱり粒マスタードやめれん。

大量に買ってしまった長芋消費するためにサラダや肉に巻いたり
ちょっと考えて買わんと大好きなもんも飽きてしまうなぁ。


そんでジィの誕生日がありました。

誕生日に帰宅後すぐすぐケーキあるんか?

やって。。。
子どもか。
誰の誕生日も覚えてなくて祝ったこともないくせに。


ジィ最近薬飲んでないな。といつごんの一言から驚きの事実。
詳しくは本人も自分の病気の事、説明出来ないみたいやけど、
血糖を下げる薬と心臓の薬飲んでるらしい。

「最近調子いいから病院も行ってないしここ1ヵ月薬飲んでないねん。」

って笑ってたの見て
「あんた死にたいんかぁ~(怒)」
って親に向かって、しかも68歳の誕生日を迎えた日の祝いの席で言ってしまった(。>д<)

一緒に住みはじめてから頼まれてないけど
一応こっちは食事のこととか出来ること協力しようと思ってんのに。

「白飯もケーキも食うなぁ~(怒)」

糖尿に関しての知識も浅いくせに
「薬の量増えて、手足切断せなアカン状況なってもその顔で笑えんねやろうな!!!」

ってご近所に怒鳴り声響き渡ったな。老人虐待で通報されとうかもな。

冷静になれなかった。

一緒に住む前、ジィのかかりつけ内科から朝一に
「詳しいことは言えないけど、連絡が取れないんです。お父様はお元気にされていますか?」
という理解できない電話を受けて心配になって
出勤前のドタバタ時間にいつごん送ってから独り住まいだったジィの様子を見に行ったり。

この時は部屋空っぽで玄関に携帯落ちとって中で倒れてなくてよかったぁって安心したり。
これ何回もこの後やったからね。
3回目くらいの時に、またかと思いながらもやっぱり心配で見に行って、
「頼むから携帯して!それか持ち歩かんねやったら解約しろ!」
って誰もいない家の玄関で叫んだし。。。

いつごんにでさえこんなに怒鳴り散らしたことないわ。
心配すると怒ってしまうもんなんかな。

子供の前で脳と口が直結してしまってこんなん言ったら傷つくやろうななんて
お構いなしに言ってしまった。


ここまで言われても何も感じてない。ケロッとして
「調子ええから大丈夫や(笑)」
って笑ってるの見てもう呆れた。もう知らん。


白飯2杯山盛り食べた後、ケーキ食べて、まだ自分の部屋でお菓子食って
ペリーヌ物語見て泣いてる68歳のジィ。


好きな食べ物我慢して我慢して我慢してストレスの中、長生きすんのか

68歳なってもフルタイムで働き続けて休みの日は好きなことして、
好きなもの思いっきり食べて死ぬまでこの調子でやってくのを幸せとするのかは
本人が選べばいいのかもね。


どんな状況なんか一回病院ついて行ってみようかな。
きっと今までで見たことないくらい嫌がるでぇ。
とジィが嫌がること想像して頭の中で仕返しをするのでした。


長々となりましたが、
子育てと同様、
自分が親として、子供として後悔しないように自分ができることをしよう。
相手が望んでるかわからんけど、もうこうなったらしゃーないわ。
こんだけしてやったのにとか見返り求めるくらいならすっぱりやめた方がいい。
本人にとったら余計なお世話やでな。



ペリーヌ物語見て涙流す68歳のジィにどう声をかけていいのか戸惑いながら
黙って隣で様子を見てる5歳の後ろ姿を見て思うのでした。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayuru22451355.blog.fc2.com/tb.php/433-2f8377d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する